資金を企業融資で調達しよう

企業融資って何?具体的にどんな事をするの?

>

地方融資を申請してみよう

返済が簡単というメリットを活かす

どの機関から融資を受けても、ほとんどの場合は金利が追加されます。
実際に借りた金額に、金利を追加して返済しなければいけません。
金利のことを忘れると返済の計画が狂ってしまいます。
また融資を受ける機関を選択する時は、金利が安いという部分を優先しても良いでしょう。
融資を受けて何とか資金を確保できても、返済が滞ると経営状態が次第に悪化していきます。

金利が安いことを優先するなら、制度融資が最もおすすめです。
また地方によって細かい決まりが異なって金利を少し自治体が負担してくれるところも見られます。
自分が住んでいる地域の決まりはどうなっているのか、チェックしましょう。
とても手厚いサービスをしてくれる自治体も多いです。

デメリットを知って判断しよう

制度融資のデメリットを挙げると、自己資金がいくらか必要になる部分です。
自己資金は、起業や会社を経営するのに必要な金額に応じて変わります。
たくさんのお金を必要としている場所はそれに伴って、用意するべき自己資金も増えます。
また、申し込んでから審査を通過して実際に資金を受け取れるまで、かなり長い時間がかかります。
短くても、2か月は必要になると覚えておきましょう。

最短で2か月なので、審査に時間がかかるとそれ以上待たなければいけません。
一刻も早く資金を集めなければいけないというときに、制度融資を使うのはおすすめできません。
お金を受け取るまでに時間がかかることを踏まえて、早い段階で申し込みを済ませてください。


このTOPICSをシェアする